関ケ原ふれあいセンター自主事業 冬の関ケ原2018

関ケ原ふれあいセンター自主事業
冬の関ケ原2018

関ケ原観光のオフシーズンである1月・2月に、関ケ原ふれあいセンターにおいて、関ケ原の1年の幕開けとなるイベントを開催します。
関ケ原でもおなじみの小和田哲男先生の講演と、関ケ原組による餅つき、そして関ケ原が境目となる丸餅・角餅を使った東西の雑煮の食べ比べを行いますので、ぜひお越しください。

日時 2018年2月24日(土)11:00~14:30
会場 関ケ原ふれあいセンター
〒503-1501 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原894-23
お問い合わせ先 関ケ原ふれあいセンター TEL 0584-43-2233
主催 関ケ原町教育委員会
交通アクセス JR東海道本線関ケ原下車徒歩10分、名神高速道路関ケ原ICから車で5分
備考 都合により、一部イベントの時間・会場・内容等を変更する場合があります。
チラシダウンロード 関ケ原ふれあいセンター自主事業 冬の関ケ原2018(PDF)

小和田哲男・関ケ原2018早春講演

戦国時代史研究の第一人者で、昨年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の時代考証も務めた小和田哲男先生に、関ケ原の1年の幕開けにふさわしい講演をお願いします。旬の話題をお話しいただくということで、今回は「おんな城主 直虎」の終盤で活躍した井伊直政が、その後どうなったのかを中心にお話しいただきます。

講師 小和田哲男 静岡大学名誉教授
演題 直虎以後の物語 ~井伊直政と関ケ原合戦~
時間 13:00~14:30(開場12:00)
会場 関ケ原ふれあいセンター 大ホール(480席)
参加費 参加無料 先着順

小和田哲男プロフィール

静岡大学名誉教授・文学博士。専門は日本中世史、特に戦国時代史で、主著『後北条氏研究』『近江浅井氏の研究』のほか、『小和田哲男著作集』などの研究書の刊行で、戦国時代史研究の第一人者として知られている。また、NHK総合テレビ「歴史秘話ヒストリア」およびNHK Eテレ「知恵泉」などにも出演し、わかりやすい解説には定評がある。
NHK大河ドラマでは、1996年「秀吉」、2006年「功名が辻」、2009年「天地人」、2011年「江~姫たちの戦国~」、2014年「軍師官兵衛」、2017年「おんな城主 直虎」で時代考証を担当した。

関ケ原武将餅つき

関ケ原を拠点に活動する武将隊、甲冑パフォーマンス軍団関ケ原組が参加し、ご来場の皆さんと一緒に餅つきを行います。

時間 11:00~11:15
会場 関ケ原ふれあいセンター ホワイエ

関ケ原東西雑煮のふるまい

関ケ原を境に東西で雑煮に使う餅が丸餅(関西)と角餅(関東)に分かれることから、東日本と西日本の地域から1種類ずつの雑煮を取り上げ、関ケ原で食べ比べをしていただきます。どこの雑煮がでてくるかは当日のお楽しみ。先着200人(無料)。

時間 11:15~13:00
※10:30より整理券配布(お一人様1枚のみ/なくなり次第終了)
会場 関ケ原ふれあいセンター ホワイエ

同時開催/第24回ふれあいギャラリー展

関ケ原町の皆さんが制作した、絵画・彫塑工芸・手芸・写真・書道などの作品を展示する恒例イベントです。あわせてご覧ください。

会期 2月24日(土)~3月4日(日)9:00~17:00
会場 関ケ原ふれあいセンター 小ホール
主催 関ケ原町芸術文化協会
共催 関ケ原町教育委員会

会場周辺地図