1. HOME
  2. 関ケ原辞典
  3. 関ケ原歴史年表:平安時代−室町時代

知ってると得する、豆知識いろいろ 「関ケ原辞典」

関ケ原歴史年表:平安時代−室町時代

西暦 年号 関ケ原町関連事項 国内の出来事
平安時代
806 25 桓武天皇崩御により固関使派遣 806 空海が真言宗を開く
810 大同5 薬子の変により固関使派遣 810 薬子の変
822 弘仁13 無量寿院(聖蓮寺)建立  
823 14 嵯峨天皇譲位により固関使派遣  
833 天長10 淳和天皇譲位により固関使派遣  
840 承和7 淳和太上天皇崩御により固関使派遣  
842 9 嵯峨太上天皇崩御により固関使派遣 842 承和の変
850 嘉祥3 仁明天皇崩御により固関使派遣  
853 仁寿3 不破関停廃後の往来は無制限、但し孫王などの出入り禁止、悪疫流行  
858 天安2 文徳天皇崩御により固関使派遣  
871 貞観13 太皇太后順子崩御により固関使派遣 866 藤原の良房摂政
872 14 太政大臣藤原良房薨去により固関使派遣  
876 18 清和天皇譲位により固関使派遣  
880 元慶4 清和太上天皇崩御により固関使派遣  
884 8 陽成天皇廃位により固関使派遣  
887 仁和3 光孝天皇譲位により固関使派遣 887 藤原基経関白
891 寛平3 太上大臣藤原基径薨去により固関 894 遣唐使廃止
897 9 宇多天皇譲位により固関使派遣  
939 天恵2 平将門の反乱により関所を警固 935 承平天慶の乱(〜941)
946 9 朱雀天皇譲位により三関を固む  
949 天暦3 太政大臣藤原忠平の薨去で固関、陽成太上天皇崩御で固関使派遣  
954 8 太皇太后藤原穏子の崩御により固関  
964 応和4 中宮安子崩御により固関  
967 康保4 村上天皇崩御により固関 967 以後摂関常置
969 安和2 安和の変で固関、冷泉天皇譲位により固関 969 安和の変
970 天禄元 太政大臣藤原実頼薨去により固関  
972 3 太政大臣藤原伊尹薨去により固関  
977 貞元2 太政大臣藤原兼通薨去により固関  
984 永観2 円融天皇譲位により固関警固 985 源信「往生要集」
989 永祚元 太政大臣藤原頼忠薨去により固関  
990 正暦元 太政大臣藤原兼家薨去により固関使派遣  
991 2 円融太上天皇崩御により固関  
992 3 太政大臣藤原為光薨去により固関  
996 長徳2 内大臣藤原伊周左遷により固関  
999 長保元 太皇太后昌子の崩御により固関  
1000 2 皇后定子崩御により固関  
1001 3 東三条院(藤原詮子)崩御により固関  
1008 寛弘5 花山法皇崩御により固関 1003 「源氏物語」完成
1011 8 一条天皇譲位により固関使任命、参議藤原有国薨去により固関
冷泉太上天皇崩御により固関
 
1016 長和5 三条天皇譲位により固関 1016 藤原道長、摂政になる
1017 寛仁元 三条太上天皇崩御により警固三関使任命  
1020 4 更級日記」に野上宿のことがみえる 1019 刀伊の入冠
1025 万寿2 三条皇太后崩御により固関  
1029 長元2 太政大臣藤原公季薨去により固関 1028 平忠常の乱
1031 4 平忠常京へ護送の途中野上で病死  
1036 9 後一条天皇崩御により固関  
1068 治暦4 冷泉天皇崩御により固関 1051 前九年役(〜1062)
1072 延久4 後三条天皇譲位により固関  
1075 承保2 関白藤原教通薨去により固関  
1086 応徳3 白河天皇譲位により固関 1086 院政始まる
1091 寛治5 源義家と弟義綱の争いにより固関  
1095 嘉保2 源義綱が美濃守となる  
1102 康和4 皇太后歓子薨去により固関 1099 荘園停止命令
1119 元永2 美濃国が院の分国となる 1105 中尊寺建立
1141 永治元 崇徳天皇譲位により固関  
1144 天養元 太皇太后令子薨去により固関  
1155 久寿2 近衛天皇崩御により固関  
1156 保元元 保元の乱により固関の官符出る 1156 保元の乱
1158 3 後白河天皇譲位により固関 1158 後白河院政(〜79)
1159 平治元 源義朝らが小関をへて青墓に逃る 1159 平治の乱
1160 永暦元 源義朝が尾張で殺され、頼朝が伊吹辺で捕えられる  
1165 永万元 二条天皇崩御により固関  
1168 仁安3 六条天皇譲位により固関 1167 平清盛太政大臣となる
1174 承安4 関原与一が源義経に殺されたと伝える。寝物語の伝説 1175 法然の浄土宗
1180 治承4 高倉天皇譲位により固関使派遣
この頃山中で常盤御前が殺されたと伝える
1180 平氏追討の挙兵
1185 寿永4 安徳天皇崩御により固関 国司に下知、美濃大地震 1185 平氏一門滅亡
鎌倉時代
1187 文治3 美濃守護大内惟義が宿駅の増置を願い出る 1189 藤原秦衝が源義経を殺害
1198 建久9 後鳥羽天皇譲位により固関 1192 鎌倉幕府開く
1210 承元4 土御門天皇譲位により固関 1198 栄西「興禅護国論」
1218 建保6 関原与一が余一宮にまつられたという 1219 源氏三代で滅亡
1221 承久3 承久の乱で京方は固関使を任じ、幕軍は木曽川の線で勝利し野上・垂井で軍議し、さらに西上 1221 承久の乱
1222 貞応元 このころ長江氏が今須に移り住む。不破関で関料をとる 1224 親鸞「教行信証」
1229 寛喜元 三村庄が成立(「某譲状」) 1227 道元帰国
1232 貞永元 後堀河天皇譲位により固関
無量寿院が聖蓮寺と改められ今須に移転
1232 貞永式目
1242 仁治3 四条天皇崩御により固関、「東関紀行」に不破関のことがみえる  
1246 寛元4 後嵯峨天皇譲位により固関 1247 宝治合戦
1259 正元元 後深草天皇譲位により三関使を召す 1253 日蓮の法華宗
1262 弘長2 叡尊が不破関を通る(「関東住還記」)  
1274 文永11 亀山天皇譲位により固関 1274 文永の役
1277 建冶3 阿仏尼が不破関を通る(「十六夜日記」) 1275 一遍の時宗
1278 弘安元 三村圧が久我家に伝領される 1281 弘安の役
1287 10 後宇多天皇譲位により固関、三関の関料停止が命じられる 1285 霜月騒動
1298 永仁6 伏見天皇譲位により固関 1297 永仁の徳政令
1301 正安3 伏見天皇譲位により固関  
1306 嘉元4 美濃国国衙領の経営がわかる(「昭慶門院御領目録」)  
1308  徳治3 後二条天皇崩御により固関  
1317 文保元 関ケ原郷名主職の相続についての文書(ほかに建武4年文和2年のものがある) 1317 文保の和談
1318 2 花園天皇譲位により固関  
1324 正中元 後醍醐天皇の討幕計画に土岐一族も参加 1324 正中の変
1331 元弘元 日野俊基が鎌倉に護送の途不破関を通る(「太平記」)
光厳天皇践祚により固関
1333 鎌倉幕府倒れる
室町時代
1336 建武3 光明天皇践祚により固関 1336 室町幕府成立
1338 暦応元 土岐氏ら北朝軍が北畠顕家の軍と青野原で戦う     南北朝動乱に入る
1348 貞和4 崇光天皇践祚により固関  
1350 観応元 土岐氏の内部抗争(土岐騒動、〜1351)
三村庄が久我家から離れ国衙領にもどる
 
1353 文和2 土岐頼康が後光厳天皇足利義詮を小島頓宮に迎える(「小鳥のくちすさみ」) 1353 南軍京都進入
1360 延文5 長江重景妙応寺を創建  
1374 応安7 長江重景妙応寺に田地・屋敷等を寄進 1378 室町邸成る
1384 至徳元 長江高景今須の領主権確保(「高景起請文」)  
1390 明徳元 幕府が土岐康行を討伐(土岐氏の乱「土岐頼忠請文」) 1391 明徳の乱
1394 応永元 富嶋氏が史料に現れる(「富嶋吉仲寄進状」)、相国寺玉龍庵領主村成立 1392 南北朝合一
1418 25 正徹の「なぐさめ草」に不破関の歌がある 1399 応永の乱
1426 33 富嶋又五郎が浄晋についで美濃守護代となる 1428 正長の土一揆
1432 永亭4 将軍足利義教富士遊覧と称して東下(「富士紀行」) 1438 永亭の乱
1444 文安元 守護代斎藤氏と守護代富嶋氏が抗争(数年に及ぶ) 1441 嘉吉の乱
1457 長禄元 長江氏と斎藤氏が土岐市の継嗣の事で争う  
1468 応仁2 守護代斎藤妙椿長江富嶋氏を追い今須を領有 1467 応仁の乱起こる
1475 文明7 一条兼良の「ふぢ河の記  
1480 12 美濃守護代斎藤妙椿 1477 応仁の乱一応終わる
1483 15 三条西実隆の「実隆公記」に不破関の土産の記事がある  
1487 長享元 幕府今須宝鏡寺領を安堵 1488 加賀の一向一揆
1491 延徳3 土岐氏相国寺玉龍庵領玉村を押領 1491 東海飢饉
1496 明負5 このころ土岐・齋藤・石丸氏らによる美濃内乱が続く  
1521 大永元 斎藤氏が六角氏に応じたのに対し、浅井亮政が玉・小関に出兵  
1525 5 浅井亮政が再び攻め入り土岐氏と牧田で戦う 1523 寧波の乱
1533 天文2 仁和寺尊海の「あづまの道の記」に不破関の歌がある 1534 浅井氏北近江征服
1538 7 長井新久郎が斎藤家をつぐ(斎藤道三  
1542 11 斎藤道三が土岐頼芸を追い美濃を押領 1543 鉄砲伝来
1547 16 斎藤道三土岐氏を滅す 1549 キリスト教伝来
1551 20 不破・玉・居益の関名がみえる(「成菩堤院文書」) 1553 川中島の戦い
1558 永禄元 竹中重元菩堤山城を築城 1560 桶狭間の戦
1564 7 竹中重治稲葉山城を奪取  
1567 10 織田信長斎藤龍興を追い美濃を手に入れる 1568 信長関所撤廃
1569 12 松尾山長亭軒城が竹中重治の力で織田信長に帰属  
1570 元亀元 織田信長が近江浅井氏討伐に向かう 1570 姉川の戦
1571 2 氏家卜全が信長の長島一揆討伐に従い戦没 1573 室町幕府滅亡
関ケ原辞典